• ホーム
  • 一週間で肥満指数を下げるダイエット

一週間で肥満指数を下げるダイエット

ダイエットで大切なことは、体重を減少させ、肥満指数を下げることです。
肥満指数とは、身長と体重の割合により計測される数値です。
この数値が高ければ高いほど、身長に応じた適正体重から遠ざかることになります。
逆に数値が低すぎたとしても、痩せすぎということになり、体にとって好ましいものではありません。
この数値を肥満指数は22が適正であり、この数値に出来る近付けることが、ダイエットの目的となります。

肥満指数を下げるために大切なことは、適正なダイエット方法を行うことです。
そのためには、一週間の計画を立てることが重要になります。
人間の体重は、順調に減り続けるということありません。
最初は順調に減り続けますが、ある程度まで減少すると、停滞します。
この停滞期を乗り切るためには、体重の計測をし続けることが重要になるのです。

一週間の運動スケジュールを作り、体重を毎日計測します。
体重は毎日計測することになりますが、減っているかどうかは一週間単位で確認するようにします。
これにより、日々の増減に一喜一憂することなく、週単位での体重の増減を確認できるために、停滞期に入ったとしても、冷静に体重を見つめることができるのです。

一週間のうちに少しでも減っているのであれば、ダイエットを続けることにより、肥満指数を正常な状態に戻すことができます。
逆に一週間単位で増えてしまったのならば、運動スケジュールを見直す必要が出てきます。

大切なことは、短期間での減少にとらわれてしまってはならない、ということです。
極端に食事の量を減らしたり、運動量を増やしたとしても、それを継続することが出来ないのであれば、リバウンドの原因になります。
なので肥満指数を正常にするためには、一週間単位でのダイエット計画が必要となるのです。